夏といえば?屋形船!その歴史・概要・遊び方

いきな遊び?!屋形船の歴史について

夏といえば、打ちあがる花火をバックに屋形船で一杯なんていうのがイメージにぴったりきますよね。では、屋形船の歴史ってみなさんご存知でしょうか?屋形船の原型はなんと平安時代までさかのぼるのだそうです。当時貴族の遊びに使用されていたものがその原型とされているようです。屋形船が一気に栄えたのは河川整備が進んだ江戸時代だそうで、大名や豪商が花見や月見、花火などの遊びを行うときに愛用されたのだそうです。その後明治維新後も引き続き庶民の間で親しまれてきましたが、第二次世界大戦や高度成長期の水質汚染などで、かなり勢いを失っていましたが、最近水質の改善や観光の目玉として再び屋形船が注目されつつあるのだそうです。最近昔に比べて屋形船の敷居事態がかなり下がっているような印象をうけます。観光にくる外国人にも人気なようですし、再び昔のような勢いをとり戻してほしいですよね。

いきな遊び?!屋形船の概要について

屋形船は和船の一種で主に船上で宴会や食事をして楽しむことを目的として屋根と座敷が備えられた船のことをいいます。現在の屋形船は全長が20メートル前後で定員は15から80名程度なのだそうで、若干の業務用空間(操船だったり、調理スペース)を除いてほとんが客用空間となっているのだそうです。団体貸し切りが一般的な利用方法だが、乗合のものあるようで、様々な用途に合わせて利用することができるようです。東京では隅田川周辺や浜松町、品川近辺に船宿が多く、隅田川、お台場、レインボーブリッジ周辺を周遊するコースが多いのだそうだ。船宿もどうやら何件もあるようですし、ケースにあわせて色々な遊び方ができそうな感じで、思っていた以上に楽しめそうな印象です。

いきな遊び?!屋形船の遊び方について

屋形船の魅力の一つに四季折々の風景を身近に感じることができることがあげられるのではないかと思います。屋形船というと『夜』のイメージが強いですが、実は昼間のコースもあるようで、おいしいものを食べながら景色を楽しむという夜とはまた一味違った楽しみ方ができるほか少し割安で利用できるようなので、ぜひチェックしていきたいですよね。また、最近では会社の歓送迎会や飲み会の席にも屋形船が利用されることが多いようで、周りに気兼ねなく騒げるという点では最適なプライベート空間といえますよね。やはり屋形船で忘れてはいけないのが花火の時期です。花火の時期は通常よりも割増の料金がかかるものの、混雑を気にせずに特等席で花火を見物できるということもあってかなり予約が殺到するそうです。最近は花火にあわせて合コンを屋形船でセッティングするグループも多いそうで、かなり人気があるそうです。このように時代のニーズに合わせて屋形船の利用の仕方も変化してきていますが、それに合わせて柔軟に変化しているのが屋形船の『いきな』ところなのでしょうね。

屋形船に乗って、食事と花火を同時に楽しむことができます。しかし、花火大会の日は予約が殺到するので、早めの予約が必要です。