大人の魅力アップ!機械式時計を身につけてみよう

機械式時計の魅力を知ろう

機械式時計というのはゼンマイ式とも呼ばれていますが、大きく分けて「自動巻腕時計」「手巻き腕時計」があります。動く原理を簡単に説明すると、駆動に必要となるのが現在のクォーツ式腕時計は電池になっていますが、機械式時計はゼンマイで動きます。そして手で巻いたゼンマイが時計に組み込まれている数々の歯車を動かしていって、心臓部ともいえるテンプという部品を動かすことによって、針が連動していき、時計の時を刻んでいくのです。

手間暇がかかるものです

ゼンマイを動かすことによって針が動いていく機械式時計、しかしながら電池で動く「クォーツ式時計」と違ってそれゆえに面倒なことが多いのも特徴になっています。どういうことかというと、ゼンマイを巻かなければ時を刻むことをしませんし、さらにはクォーツ式に比べて精度が劣ってしまうことがあります。しかしその手間暇こそが機械式時計の魅力であり、毎日、一定の時間にゼンマイを巻くということっで一日の始まりとしている人もいて、必要性があるのですね。

大人の魅力を高めるものです

手間暇のかかる機械式時計、しかしだからこそ一部の大人にとっては魅力的になるのでしょう。確かにクォーツ式は何もしなくてもすぐに使えますが、機械式は毎日定期的にゼンマイを巻かなければいけなく、その時間がかけがえのないものになることがあるのです。一日の始まりに、もしくは終わりに、その日の予定を考えて、振り返って、さらには無心になってなど、その無駄とも思える時間をかけがえのないものと感じることが大人と言えるのかもしれませんね。

オーデマピゲは、ムーンフェイズやトゥールビヨンなどの複雑な機構を搭載したモデルを多く発表しています。